読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老柴ときどき故雑〜老犬闘病物語

柴犬 小麦15歳クッシング症候群(拾い犬ゴン 自称16歳肝臓癌 肺癌で2016.12.29旅立ちました)

小麦、今から手術です

少しずつ、良くなる兆しが見えてたんですが、昨日病院から帰って様子がおかしくて。夕方また病院に戻りました。

気持ち悪い?痛い?のか、小さく鳴くを繰り返してました。

エコーで見たら、肝膿種が大きくなってしまってました。投薬で様子を見てと思ってましたが、大きくなってしまっていて、本犬が苦しいのであれば、手術をした方がいいだろうと。

すぐに手術とは言わず、出来るだけ手術はしないですむようにと考えてくれる先生が、手術というのです。

年齢、貧血具合が心配だけど、今から手術です。

f:id:komgon:20170110144109j:plain

頑張れ、小麦。

胆嚢摘出は今の体力からはとても一緒には出来ず、とりあえず肝膿種の手術です。

f:id:komgon:20170110144309j:plain

昨夜は入院せずに連れて帰り、抱きしめて一緒に寝ました。

ゴンの時にも思ったけど、寄り添う小さな温かい体がたまらなく愛しいんです。

ゴンくん、姐さんを守ってね。

f:id:komgon:20170110144547j:plain

母ちゃんも父ちゃんも、じぃじもばぁばも小麦の帰りを待ってるから‼︎