読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老柴ときどき故雑〜老犬闘病物語

柴犬 小麦15歳クッシング症候群(拾い犬ゴン 自称16歳肝臓癌 肺癌で2016.12.29旅立ちました)

昨日はふたり病院日

f:id:komgon:20161207122018j:plain

待合室で緊張感漂うふたり(笑)

ゴンは3ヶ月毎の心臓検査。残念ながら少し悪化。&少し胸水がある。1日2回のシルデナフィルを1日3回にしてみる。胸水はまだ抜くほどではないようです。

f:id:komgon:20161207122925j:plain

膀胱炎は良くなったと思ったら再発。前回ほどひどくはないけど、膀胱洗浄。もう抵抗力がないから繰り返してしまうようです。

今はウンチの状態がとてもいいので、抗生物質でまた下痢になるのは怖いので、2週間毎に膀胱洗浄。

小麦は低脂肪のご飯に変えてみたらウンチが緩くなってしまいました。缶詰ご飯なのと、ご飯が変わったからお腹が慣れないようです。同じ低脂肪のカリカリに変更してみます。

胆嚢、胆汁のエコー検査はあまり変わりない様子。やはり今すぐ悪化はないだろうけど、摘出手術の方向で先生と相談。

来年1月あたりに予定。小麦の体調次第ですが。

f:id:komgon:20161207123944j:plain

リスクはある。もしかしたらもあり得る。でも破裂してからでは、余計に危険。

ご飯を低脂肪に変えて、オヤツを禁止しても胆嚢が治ることはないそうです。


目の前に、病院の先生達が驚き感心する生命力を見せてるゴンがいる。小麦もきっと手術を乗り越え、また美味しいオヤツを食べられるようになるはず。

f:id:komgon:20161207124748j:plain

ね、小麦。目指せ、先代さくら18歳超え!だもんね。