読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老柴ときどき故雑〜老犬闘病物語

柴犬 小麦15歳クッシング症候群(拾い犬ゴン 自称16歳肝臓癌 肺癌で2016.12.29旅立ちました)

小麦、究極の選択を強いられる

先週木曜日ゴンと会った日は普通に元気でした。
その日の夜中に嘔吐し、そこから吐き気と下痢で病院行き。
食あたりとか風邪くらいですまないかな。なんて考えていたら…。
胆嚢に問題あり。胆汁がドロドロで上手く流れないようです。外科手術で胆嚢を取るのが一番だけど、年齢とクッシングを抱えるのもあり、手術のリスクが高い。
でもほっといたら、詰まる。最悪、破裂する。破裂しての手術はますます危険。
今は幸い胆管が詰まってることはなく緊急に決断するほどではないようですが…。

f:id:komgon:20161205090619j:plain

病院から帰りウトウトしてる小麦。

究極の選択を強いられるます。でも破裂してからの開腹手術はますます危険。

今は体調を戻すことに専念。


ゴンももし転移がなく肝臓癌だけなら手術してたかもしれない。ゴンは心臓に問題があるから手術はできなかったかもですが。

変な言い方ですが、癌なら転移してしまったなら仕方ない。痛みが出たら痛みをとる処置をって言えるけど、小麦の胆嚢は手術せず破裂するか、かなりのリスクを冒して手術するかの選択。

たぶん小麦の生命力を信じて摘出手術を選びます。破裂して痛くて辛い最期にはしたくないから。

f:id:komgon:20161205091955j:plain

いつまでも、ふたりといれる事はないのはわかっていても、頭では受け入れても心が追いつきません。
明日はまたふたり病院。ゴンは心臓の定期検査と膀胱炎の具合を。小麦は血液検査とエコーで胆嚢の具合を。手術について詳しく先生に聞いてみます。

ふたりの前で泣かないように、悲しい顔しないように。私が落ち込んでる場合じゃない!