読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老柴ときどき故雑〜老犬闘病物語

柴犬 小麦15歳クッシング症候群(拾い犬ゴン 自称16歳肝臓癌 肺癌で2016.12.29旅立ちました)

安心は出来ないけど

おはようございます

まず、読者になってくださった方々、ありがとうございます。使い方をよくわかってないので、失礼があったらすみません。

これからもよろしくお願いします。


ゴンちゃんですが、昨日病院に行くまでほぼ食べませんでした。

散歩には行くけど、暑くてハアハアしてるのに水も飲まなくて。

先生と相談しながら診察をして、

お腹の張りは無くなってるのに食べない飲まないだと、癌自体の大きさは変わってないけどやっぱり癌が影響してきたのか?

肺への転移、肝臓の腫れ、心臓の病気を考え抗がん剤治療はせずに痛みや吐き気が出たら、それに対する治療にした私達。

あれはどうだ?じゃあこれは?みたいな実験的な治療。

今回は、食べないこともさることながら、水も飲まないが一番心配。

皮下点滴をして、ステロイドを注射しました。皮下点滴も心臓の悪いゴンには負担が大きい。食べて飲まないと体力もなくなるから、苦渋のステロイド。ただ続け過ぎると、今度は悪い肝臓がさらに悪くなる。

ステロイド注射して様子見て、また3日後に病院に。となりました。


結果、ステロイドすげぇ!ステロイド怖!

家に着くなり、水を飲み、ご飯を出せ!と要求。シニア用缶詰ご飯をハグハグ食べました。

今朝も食べて、やっとウンチも出ました。

水を飲む ご飯を食べる オシッコする ウンチ出る。帰って来た父ちゃんを小走りで迎える。当たり前が嬉しかった。

ステロイドを継続せずに復活を望みたいけど、欲張りかな。

先生に、ここを乗り越えられないと厳しくなるかもって。無理はさせたくないと思いながらも頑張って欲しいとやっぱり思う。

お散歩行けて、お散歩行きたいうちは頑張ろう。復活しようね。

残された時間は短いかも。母ちゃん覚悟がまだ出来ないよ。

f:id:komgon:20160427092003j:plain

去年のお散歩中のいいお顔。また楽しくお散歩しようよゴン。


ちなみに小麦は胆のうに少し問題がありますが、よく食べ、よく鳴き元気です。

f:id:komgon:20160427092318j:plain

今年の1月くらい。みんなで梅見に。小麦はゴンが一緒だと、散歩ペースをゴンに合わせる優しいボスです